Author Archive

落としにくい隙間汚れ ゴツゴツしたスタッズに付いた汚れの落とし方

今回は靴のメンテナンスの中でもピントをしぼったお話です。

その場所とは、ゴツゴツしているスタッズです。
スタッズ同士の間にホコリや汚れが溜まるとなんだかくすんだ印象に。
それならばと布で拭こうにも、スタッズに阻まれて指が入らず…

そんな時に活躍するのが、靴クリームを塗るためのブラシ「ペネトレィトブラシ」です。

どことなくシェービングブラシに似ている、コロンとしたフォルム。
今回はこのペネトレィトブラシを汚れ落としに使用します。
細かな豚毛の毛束がスタッズを包み込み、指では届かない隙間汚れにアプローチします。

そして、スタッズに蓄積した汚れを浮き立たせるクリーナーには
M.モゥブレィ・プレステージ 
ステインクレンジングウォーター

を使用します。オレンジオイルやキャスターオイルを配合した界面活性剤フリーの革用クリーナーです。オイルの力を利用して汚れを浮かせて落とすため、拭きあがりは革がしっとりします。

使用方法はとても簡単です。
ステインクレンジングウォーターを容器に移し、ペネトレィトブラシの先端に付けます。
(水とクレンジングウォーター1対1で薄めて使用しています)

ペネトレィトブラシを持ち、円を描くように優しくスタッズとその隙間をブラッシングします。
泡が立ち、汚れが浮いてきたら水で軽くすすぎます。
その後は、柔らかい布で水分を拭き取ります。

左:アフター  右:ビフォー

スタッズにもいろいろな種類があります。シルバーやゴールド、塗装されたタイプなど様々です。中にはクリーナーを使用すると風合いが変わってしまう可能性も。
「長い期間履いて、汚れが蓄積してきてしまった」
「食事をしていたら、汚れてしまった」
このようなアクシデントがありましたら、一度メーカーにどのようなお手入れをしたらいいかご確認していただくことをお勧めします。
もしも解決が難しければ、ご紹介した方法をお試ししてみてください。
新品のような、元通りにするのは難しいのですがコンデイションがよくなることは多くあります。
※擦れによる塗装剥がれなどは、今回紹介した方法では直りませんのでご注意ください。

また、靴が新しい状態であれば、柔らかい布で定期的に汚れを拭き取ることをお勧めします。

いかがでしたか?
今回はピンポイントのメンテナンス方法をご紹介しました。
ファッションのスパイスにもなるスタッズ付の靴。
少しお手入れをすることですっきり綺麗な印象になります。
気になっている方はぜひお試ししてみてくださいね。

2024-05-02 | Posted in COLUMNComments Closed 

 

パンプスを長く履くために、やっておきたいこと。

暖かい日が多くなり、パンプスを履くシーズンがついにやってきたなと感じています。
パンプス用の浅めの靴下を履いて、「肌見せ」で履いたり、靴下と合わせて個性を活かした履き方をしたり。
キレイめからカジュアルまで、幅広く活躍するパンプスは長宝される存在なのではないでしょうか。
そんなパンプスを長く履くために、ぜひしていただきたいことがあります。

ハーフラバーソールを装着する

レディースの靴はソール(靴底)が薄めに作られているものが多いです。
薄い分、ソールの減りも早いため、靴のダメージの進みも早いです・・・
パンプスをキレイに長持ちさせるために、ハーフラバーソールを装着することをおすすめします。

ハーフソールラバーとは、ソールの前半部分にラバーを貼る修理のことです。
ソールの上からラバーを貼るため、ソールが減りにくくなります。さらに、貼ったラバーソールがすり減ってきたら張り替えることも可能です。
ハーフラバーソールは滑り止めとしての役割も果たしてくれるため、
「雨の日はツルツル滑る・・・」
とお困りの方の悩みも解決することができてしまいます。

履き下ろす前にハーフラバーソールを貼ることをおすすめしていますが、履いた後でも修理は可能です。
大切な靴を長く履くために、ハーフラバーソールを貼っておきましょう!

修理はシューケアマイスター工房にて承っています。

シューケアマイスター工房ショップリスト

2024-03-27 | Posted in COLUMNComments Closed 

 

SHOE CARE RECIPE|スエードスニーカーのお手入れについて。

お気に入りの靴を大事に、長く履きたい。靴のお手入れが必要なのは、わかってはいるけど、 実際にどのようにお手入れしたらよいのだろう? というご相談を多くいただきます。“靴や革製品のお手入れ”のお悩みを靴磨き女子部がリアルにお手入れする作業例をご紹介する「シューケアレシピ」シリーズです。

多くのブランドからも発売されており、街を歩いていると高頻度で履いている方を見かけるスエード素材のスニーカー。

今回は、スエードスニーカーのお手入れについてご紹介します。

スエードスニーカーのお手入れ|使用するアイテム

├ スエードスタートキット

お手入れの手順

その1|ホコリを落とす

スエードスタートキットに付属している、ラテックス&スプラッシュブラシで、表面や毛の間に入り込んだホコリなどの汚れを落とします。
表面のホコリや毛の間に入り込んだ汚れを取り除く場合は、発泡ゴムタイプの面を、 強い汚れやこすってできた汚れなどを擦り落とす生ゴムタイプの面を使って落としていきます。

☛ポイント
「こする」のではなく、洋服にホコリがついていた時にするような、「手で汚れを払う」動きでラテックス&スプラッシュブラシを使用すると、毛の間の汚れをキャッチしやすくなります。

●ブラッシングでもとれない汚れがあった場合

スエードスタートキットに付属している、「スエードヌバックイレイサー」を使用します。

ブラッシングでは落ちない頑固な汚れ、部分的な黒ズミなどの革の表面に付着した汚れには、消しゴムタイプのスエードヌバックイレイサーを使います。消しゴムのようなイメージで軽く擦ると、スエード革の毛の上に付着した頑固な汚れを落とせます。

その2|革へ栄養をあたえる

M.モゥブレィ スエード&ヌバックトリートメントで、スエード革に栄養を与えます。
栄養を与えることで、色褪せの目立ちも改善することができます。

靴から約30㎝離して吹き付けます。(距離が近すぎるとシミになる可能性があります。)
吹き付ける場所を少しずつ変えながら、靴全体が均一に塗れた状態になるまで続けます。

その3|仕上げにブラッシング。

湿り気が無くなるまで、陰干しをし(1時間ほど)、再びラテックス&スプラッシュブラシでブラッシングを行います。
スエード&ヌバックトリートメントを吹きかけて乾燥させた靴は、濡れたことで毛が寝た状態になってしまっています。
ブラッシングをすることで、毛を起こすことができスエード革らしいフワフワな質感に仕上げられます。

ぜひお試しください。

2024-02-09 | Posted in SHOECARE RECIPEComments Closed 

 

乾燥する季節でも油断大敵!冬場のカビ対策

今回は冬の”カビ対策”についてご紹介します。
乾燥する季節といえど、油断は禁物。また、冬のうちからしっかりと対策しておくことで、気温がグッと上昇するこれからの季節へ向けた予防にもなります。

まず初めにカビが発生する3大条件をおさらいします。

①ほこり等の汚れ
②温度 約20℃~30℃
③湿度 約70%以上

この3つの条件がそろうとカビ発生のリスクがグッと上がります。
ほこりはたまらないようにこまめにお掃除を。一方、対策が難しい温度と湿度の管理。一体どうしたらいいものか・・・
そこでオススメしているのが、カビの発生を予防し除去もできる優れもの「M.モゥブレィ・プレステージ モールドクリーナー」です。

カビ対策に効果てきめん M.モゥブレィ・プレステージ モールドクリーナー
主な成分は除菌力が高い”有機ヨード”。カビの表面をおおっている細胞膜を破壊して除菌します。

ヨードとは・・・

海藻などに含まれる天然成分です。うがい薬や医療用の消毒剤としても使われていて、意外と私たちの生活に身近な成分です。
塩素系のカビ落としのような刺激臭がないという嬉しい特長があります。

使えるもの

スムーズレザー(表革)、スエード(起毛皮革)の靴、バッグ、ジャケット、ベルトなどの革小物。
下駄箱や靴箱などの空間除菌にも有効です。
※目立たないところでテストしてからご使用ください。
※爬虫類革への使用はお控えください。

いかがでしたか?
冬の間のカビ対策。暖かくなる時期に備えて今のうちから予防をしてみてはいかがでしょうか。

2024-02-01 | Posted in COLUMNComments Closed 

 

Lala Begin 2024年2・3月号にM.Mowbrayアイテムを掲載いただきました。

こだわり派の女性のためのモノ&ファッション誌。商品の魅力やトレンドをわかりやすく、詳しく、楽しく解説するLalaBegin2024年2・3月号 にM.MOWBRAY プレステージ・SANOHATA BRUSHを掲載いただきました。

掲載されたアイテム

M.MOWBRAY プレステージ クリームナチュラーレ
SANOHATA BRUSH
M.MOWBRAY プレステージ クリームエッセンシャル

ぜひご覧ください。

2024-01-11 | Posted in PRESSComments Closed 

 

IECOLLEにM.MOWBRAY プレステージ モールドクリーナーを掲載いただきました。

インテリア情報が満載のWEBメディア IECOLLE
M.MOWBRAY プレステージ モールドクリーナーを掲載いただきました。

IECOLLEとは

生活必需品ではないけれど、明日からの日々がちょっとだけ楽しみになるようなアイテム、知っていなければいけないわけではないけれど、生活の質がちょっとだけ上がるようなアイデアを、ユーザーの皆さんにお届けするサイトです。(https://iecolle.com/about/より引用)

ぜひご覧ください。

2024-01-11 | Posted in PRESSComments Closed 

 

IECOLLEにM.MOWBRAY プレステージ ナチュラルフレッシュナーを掲載いただきました。

インテリア情報が満載のWEBメディア IECOLLE
M.MOWBRAY プレステージ ナチュラルフレッシュナーを掲載いただきました。

IECOLLEとは

生活必需品ではないけれど、明日からの日々がちょっとだけ楽しみになるようなアイテム、知っていなければいけないわけではないけれど、生活の質がちょっとだけ上がるようなアイデアを、ユーザーの皆さんにお届けするサイトです。(https://iecolle.com/about/より引用)

ぜひご覧ください。

2024-01-05 | Posted in PRESSComments Closed 

 

必要なアイテムは2つ。エナメルのキレイを保つ秘訣

今回はエナメルのキレイなツヤを保つ秘訣をご紹介します。

カジュアルだけでなくお呼ばれコーデにも合わせられる万能なエナメルの靴。
実は、エナメル革は気温や湿度の影響を受けやすく、保管している環境によってはツヤがくすんでしまうことがあるのです。
そんなもしもの時に備えて、お手入れ用品を揃えてみてはいかがでしょうか。

くすんでしまい、ややべたつきも見られる黒のエナメルシューズ。
なんと、専用のローションで拭き取るだけで、エナメルのキレイなツヤをよみがえらせることができるのです!

エナメルを拭く用のクロス
M.モゥブレィ ポリッシングコットンミニ3枚入り

エナメル用の汚れ落とし、ツヤ出しローション
M.モゥブレィ ラックパテント

◆使い方

1.クロスにラックパテントを小さいパール1粒ほど出します。

2.写真のようにクロスに馴染ませます。

3.ラックパテントを馴染ませたクロスを使ってエナメルをやさしく拭きます。

4.クロスのきれいな面で乾拭きをします。

お手入れは以上で終了です。
定期的にラックパテントを使ってお手入れをすることで、
エナメルに汚れが付きにくくなるだけでなく、ツヤをキープすることもできます。
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

2024-01-02 | Posted in COLUMNComments Closed 

 

雑誌 Lightning 2024年2月号

2023-12-28 | Posted in PRESSComments Closed 

 

〈バックオフィスキャリアのロールモデルに〉アットオフィス 江川 茉那さん

靴磨き女子部が様々な業種で活躍する女性にインタビューするシリーズ。
今回は株式会社アットオフィスの江川茉那さんにお話を伺いました。

株式会社アットオフィス

株式会社アットオフィスは、オフィスの仲介事業を行っています。
オフィス移転のコンサルティングや、オフィス物件検索サイト『アットオフィス』の運営など、幅広く展開をされています。

「はたらく」をつなげる。

「はたらく」とは、人が動いて価値を生み、その価値と誰かのニーズがつながること。
直接関わった人・その人に関わっているご家族に至るまで、 「はたらく」がつながることにより、様々な幸せが生まれると考えています。
グループ全体で「はたらく」をつなげることで、変化していく価値観に対応し、 今よりも少し明るい世の中を実現し続ける。 それがアットグループの存在意義です。

(https://recruit.at-office.co.jp/concept より引用)

―現在のお仕事内容を教えてください。

採用業務全般をしています。
新卒、中途、パート等の採用や、入社後の研修等のフォローがメインです。さらに入退社手続きや備品発注、社内イベントの企画・運営等の総務業務も携わっています。

―今のお仕事をするようになった経緯を教えてください

アットオフィスには営業として入社しましたが、学生の頃から「採用の仕事をやってみたい」という思いがありました。
社内で、採用に力を入れていくことになったタイミングで、会長から「採用やるか!」とグータッチをしてもらい、社内で初めて専任の採用担当として業務を開始しました。

―ご自身のお仕事の、一番のやりがいは何ですか?

自身が面接をした方々が、入社後に活躍している姿を見たときに、「この仕事をしていて良かったな」と感じます。また、複数社の内定を持っている人が、他社を断ってアットオフィスの内定を承諾してくれた時も、自分の仕事にとてもやりがいを感じます。

採用や総務というバックオフィスで活躍されている江川さん。
この度、R&Dの新プログラム「法人様向けセミナー・靴磨き研修」を率先して取り組んでくださり、ご一緒することができました!

―なぜ、R&Dの靴磨きセミナーを取り入れていただいたのでしょうか?

「当たり前の基準を揃える」
弊社の社員は、20代前半の若手メンバーが多く、ビジネスマナーを完璧に理解できている人が少ない状態です。しかし、私たちのお客様は、社長や経営者の方がほとんどで、日々基本的なビジネススキルが求められます。
そこで、改めて、研修としてしっかり時間を設けて、「世の中の当たり前の基準はこれだ」というのを示し、全員の認識を揃えるために研修を開催いただこうと思いました。

―実際に研修を行ってみて、いかがでしたでしょうか。

恥ずかしながら、私自身も知らなかった知識が多く、驚く点が多々ありました。
特に、新品の靴や革製品は、新品だからこそ一番良い状態だと思っていましたが、購入した直後にもケアが必要なことを初めて知りました。
また、実技の時間も多くとってくださったので、体験しながら学ぶことができ、楽しかったです。

―研修後なにか変化はございましたでしょうか。

研修で学んだことを実践しようと思った他、会う人の靴や革製品(名刺入れ・財布等)に目が行くタイミングが増えたなと思います。
「この人はしっかりケアをしているな」と感じられると、仕事もしっかりやってくれそうだなと思えます(上から目線かもしれませんが。笑)
だからこそ、私自身も人から見られているということを意識し、ケアの重要性をより感じています。

R&Dの研修を通して、靴磨きについて知るだけではなく、新たな気づきや変化を感じてくださり、とても嬉しいです。
靴磨きを通して様々な方との関わりを生み出すことができるのだと、私たちも新たな気づきを感じられる有意義な時間をいただきました。

ここからは、江川さんのパーソナルな部分について聞いていきたいと思います!

―日々のくらしの中で心がけていることはありますか?

「QUICK&SURE」
会社のポリシーでもありますが、私自身のポリシーでもあり、様々なことに対して「早く、正確に」取り組むことを心がけています。

―ご自身の生活の中で、物を大切にするために習慣としていることがあれば教えてください。

「使いすぎない」ことを心がけています。

毎日同じものを使うとそのものの寿命が短くなってしまう気がするので、気に入ったものを複数個持って、その時の気分にあわせてローテーションで使うようにしています。

―休日の過ごし方を教えてください。

圧倒的インドア派なので、できる限り家で過ごしたい人間です。
家では「推し活」をして、リフレッシュしています。
また、ライブに行くことが日々のモチベーションになっているので、予定が合えば全国どこへでも遠征します!
いつかライブのグッズで革製品の小物が出たら、研修で学んだことを生かして、なによりも丁寧にケアをしようと思います・・・!

―ファッションについての質問です。靴は何足くらい持っていますか?

20足ほど持っています。動きやすさを重視した服装が多いので、歩きやすく、デザインが豊富なオリエンタルトラフィックの靴が多いです。

―一番のお気に入りのレザーアイテムは何ですか?

今、使っている財布です。昨年の誕生日に、両親がプレゼントしてくれました。

―パーソナルな部分まで、たくさんのお話をありがとうございます!最後に、今後の展望について、お聞かせください。

バックオフィスのキャリアのロールモデルになること。
「10年 10社 10人 100億」2030年までに・10の事業会社を設立し・10人の社長を輩出し・100億円の売上を目指すという会社のビジョンを、採用の面から達成することを目標にしています。

江川さん、本日は貴重なお話をありがとうございました。

株式会社アットオフィス

コーポレートサイト:https://recruit.at-office.co.jp/

採用サイト:https://recruit.at-office.co.jp/

物件検索サイト「アットオフィス」:https://recruit.at-office.co.jp/

X:@at3600office

インスタグラム:atofficesaiyou

note:https://note.at-office.co.jp/

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCA0Tr4g2gyQyTc5sM1raRPw

2023-12-27 | Posted in INTERVIEWComments Closed 

 

システム手帳をお手入れする レザーケアの専門家監修 育てる革カバー

2023年も大詰め。そろそろ来年2024年の手帳選びを始める時期でしょうか。新たな年のスタートに合わせた1冊、まず何を書き込もうかとわくわくしてしまいます。

さて今回は、システム手帳に多い、革のカバーのお手入れ方法についてお話します。

毎年、変わる中身(リフィル)とは対照的に、カバーは年々、少しずつ表情が変わり、一緒に年月を過ごしてきたいわば同士のようでもあります。

そんな手帳カバーは、お手入れをすることでますます”味”が出て、世界に一つだけの”私らしい手帳カバー”に育てることができるのです。

使うもの
M.モゥブレィ デリケートクリーム
ペネトレィトブラシ 馬毛
ポリッシングコットンミニ3枚入り、または着古したコットンTシャツ

M.モゥブレィ デリケートクリームをペネトレィトブラシ 馬毛に少量取ります。目安は、米2~3粒です。

全体にデリケートクリームをぬり広げます。
ペネトレィトブラシをくるくると円を描くように動かすとクリームをより効果的に広げることができます。

柔らかなポリッシングコットンで乾拭きをして、余分なクリームを拭き取ります。拭いているうちに、しっとりとしたツヤが出てきます。やさしくなでるように拭くことがポイントです。
ポリッシングコットンは起毛した100%コットンで、革のお手入れの必需品です。同じコットンであれば、着古したTシャツや肌着でも代用できます。

お手入れはこれで完了です。
ぜひ、試してみてくださいね。

2023-11-22 | Posted in COLUMNComments Closed 

 

なんだか難しそうな「革靴の汚れ落とし」じつは身近なあの作業に似てるのです!

こんにちは、靴磨き女子部です。
今回は、革靴の汚れ落としについてのお話。

新しく革靴を買ったときにわたしが注意すること、それはできるだけ汚れないように、汚さないようにと、細心の注意を払うことです。
それでもいつかついてしまう、シャッと入った擦り傷や、なにかの黒い汚れ。
わたしと同じく「こんなところに、いつの間に!?」と、ショックを受けたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

靴はおしゃれの一端を担いつつ、いろいろなものが転がっている地面からわたしたちの足を守り、とてもタフに働いています。
「いつの間にか汚れ」がついてしまうのも納得です。
汚れは時間が経つにつれて蓄積し、靴にダメージを与えてしまいます。
そのため、定期的な汚れ落としをオススメしています。

さて、では”汚れ落とし”とはどのような作業なのか、ご紹介します。

革靴の汚れ落としは、身近な〇〇に似ている!?

革靴の汚れ落としは、実はわたしたちに身近なあることにとても似ています。

それは、化粧落としです。
1日の終わりに、メイクを落として、保湿をする。
革靴も定期的に(月1~2回)汚れを拭き取ってすっぴんにしてから保湿をします。(=靴磨き)

初めての方でもオススメの汚れ落としが、
M.MOWBRAY ステインリムーバーです。
その理由はつぎのような商品の特性にあります。

・革にシミやムラができにくく、安心して使える
・水分量が多いマイルドな汚れ落としのため、革を傷めづらい
・革の表面だけでなく、内側まですーっと浸透して、蓄積した古い汚れもするっと落とせる

使い方も、化粧落としとよく似ています。

1.ボトルを振ってよく混ぜる。

水分と洗浄成分に分離しているため、ドレッシングのようにシャカシャカ振ってよく混ぜ合わせます。

2.コットン(布)を指に巻き、指の腹が湿る程度の量のステインリムーバーを染み込ませます。

たくさん出しすぎないようご注意ください!

3.革の表面をやさしくなでるように、クルクルと円を描きながら汚れを拭き取ります。

ポイント1:色落ちやシミのリスクを回避するため、かかとの内側からスタートするのがオススメです。
ポイント2:肌と同じく、やさし~く拭いてください。
2~3回かけてゆっくり落とすことを心がけましょう。

いかがでしたか?
一見、難しそうな革靴のお手入れ。
肌寒くなり、ブーツなどの革靴の出番が増えてくる季節になりました。

汚れを発見したら、丁寧に汚れ落としをして、いつもの感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。

2023-11-03 | Posted in COLUMNComments Closed