スエード

SHOE CARE RECIPE|スエードスニーカーのお手入れについて。

お気に入りの靴を大事に、長く履きたい。靴のお手入れが必要なのは、わかってはいるけど、 実際にどのようにお手入れしたらよいのだろう? というご相談を多くいただきます。“靴や革製品のお手入れ”のお悩みを靴磨き女子部がリアルにお手入れする作業例をご紹介する「シューケアレシピ」シリーズです。

多くのブランドからも発売されており、街を歩いていると高頻度で履いている方を見かけるスエード素材のスニーカー。

今回は、スエードスニーカーのお手入れについてご紹介します。

スエードスニーカーのお手入れ|使用するアイテム

├ スエードスタートキット

お手入れの手順

その1|ホコリを落とす

スエードスタートキットに付属している、ラテックス&スプラッシュブラシで、表面や毛の間に入り込んだホコリなどの汚れを落とします。
表面のホコリや毛の間に入り込んだ汚れを取り除く場合は、発泡ゴムタイプの面を、 強い汚れやこすってできた汚れなどを擦り落とす生ゴムタイプの面を使って落としていきます。

☛ポイント
「こする」のではなく、洋服にホコリがついていた時にするような、「手で汚れを払う」動きでラテックス&スプラッシュブラシを使用すると、毛の間の汚れをキャッチしやすくなります。

●ブラッシングでもとれない汚れがあった場合

スエードスタートキットに付属している、「スエードヌバックイレイサー」を使用します。

ブラッシングでは落ちない頑固な汚れ、部分的な黒ズミなどの革の表面に付着した汚れには、消しゴムタイプのスエードヌバックイレイサーを使います。消しゴムのようなイメージで軽く擦ると、スエード革の毛の上に付着した頑固な汚れを落とせます。

その2|革へ栄養をあたえる

M.モゥブレィ スエード&ヌバックトリートメントで、スエード革に栄養を与えます。
栄養を与えることで、色褪せの目立ちも改善することができます。

靴から約30㎝離して吹き付けます。(距離が近すぎるとシミになる可能性があります。)
吹き付ける場所を少しずつ変えながら、靴全体が均一に塗れた状態になるまで続けます。

その3|仕上げにブラッシング。

湿り気が無くなるまで、陰干しをし(1時間ほど)、再びラテックス&スプラッシュブラシでブラッシングを行います。
スエード&ヌバックトリートメントを吹きかけて乾燥させた靴は、濡れたことで毛が寝た状態になってしまっています。
ブラッシングをすることで、毛を起こすことができスエード革らしいフワフワな質感に仕上げられます。

ぜひお試しください。

2024-02-09 | Posted in SHOECARE RECIPEComments Closed 

 

放置するとシミになる スエード靴についたシミの対処法

こんにちは。靴磨き女子部です。

雨との相性は決して悪くないスエード・ヌバック素材。

でも雨の日に履いてそのままにしてしまうとやっぱりシミになってしまいます。

シミになってしまったら早めの対処が吉。

はじめにM.MOWBRAYスエードクリーナーで対処しましょう。

スエードクリーナーの使用方法はいたってシンプル。

シミが気になる箇所へ噴射し、布で拭きとるだけです。

この時に使用する布はリムーバークロスがおすすめです。

布の繊維が荒めに編み込んであるので汚れが引っかかりやすく、クリーナー効果が上がります。

クリーナーを使用した後は、栄養補給が大切です。

M.MOWBRAYスエード・ヌバックトリートメントを噴射し、乾いた革へ栄養補給を行います。

噴射直後はかなり色が濃くなりますが、乾く潤った発色の良い状態へ戻ります。

ミストが乾いたら、少し寝てしまった毛を起こしてあげるためにブラッシングを行います。

毛足が短いものや柔らかめの起毛素材には M.MOWBRAYラテックス&スプラッシュブラシが最適です。

完成です!

こうやって見比べるとよく分かりますね。

このひと手間で大切な靴が蘇りますので、お手持ちのお靴で同じような症状が出ていたらチャレンジしてみてくださいね。

ー今回ご紹介したアイテムー

M.MOWBRAYスエードクリーナー

リムーバークロス

M.MOWBRAYスエード・ヌバックトリートメント

M.MOWBRAYラテックス&スプラッシュブラシ

2020-11-17 | Posted in COLUMNComments Closed 

 

スエードの色あせはどうする?初めての補色に挑戦!‐前編‐

こんにちは、ライターのコビトです!

私はスニーカーが好きで、日常生活に欠かせないアイテムなのですが、

お気に入りのスエードのスニーカーが色褪せてしまって
とても残念な見た目に・・・。

状態自体は悪くなく、まだまだ履けるので
スエードの補色に挑戦することにしました!

今回は【前編】として、色を入れるまでの作業を書きましたので
ご参考にしてみてください♪

まず、色褪せた作業前のありのままの姿をご覧あれ・・・

ネイビーの青みがすっかり抜けてしまっております。

まずは靴紐を外します

次に、ソールやデザインの白い部分が汚れないように
マスキングテープを貼ります!

汚れなければいいので、綺麗に張る必要なし!
(不器用な私でもやればできる!!)

色を入れる前に軽くブラッシング

さあ!いよいよ色を入れていきます!!

サラサラした液体のリキッド。
色はすごく薄そうだったので
かーなりたっぷりめに、何度か重ねるように染みこませてみました。

少し乾燥させて、もう一度リキッドを染みこませ、
今度は半日ほど置いてしっかり乾かしてみます。

前編はここまで!
どのように仕上がったかは、後編にてご紹介します♪

◆今回使用した商品◆

M.モゥブレィ ラテックス&スプラッシュブラシ

FAMACO(ファマコ) スエードダイムリキッド

【アンケート募集中】
コラムをご覧いただきまして誠にありがとうございました。

「靴のお手入れ」についてのアンケートにご協力をお 願いいたします。

2020-02-06 | Posted in COLUMNComments Closed