COLUMN

ニオイを気にせずに履くためには?ブーツのニオイ対策としてすべきこと。

冬といえば、ブーツ。
寒さが強まっているこの時期はブーツを履く方が多いのではないでしょうか。
とくに今シーズンはロングブーツがトレンド入りをし、実際に街を歩いているとブーツを履いている方をよく見かけたように感じます。
防寒としても、ファッションとしても取り入れられるブーツですが、欠点がひとつあげられます。
それは「ニオイのこもりやすさ」です。

ブーツの特徴でもあるレッグ部分の長さが、かえって菌の増殖を手助けしてしまい、ニオイが発生しやすくなります。
ブーツを脱いだ時に、「ニオイ」を気にしてしまうの、本当に嫌ですよね。
しかし、しっかりと対策を行えば、ニオイを気にせずに履くことができるのです。

●靴をよく乾燥させる。
ニオイの原因としてあげられるのが、汗です。
靴に水分が吸収され、その水分が菌を増殖させてしまい、ニオイにつながります。
菌の増殖を防ぐには、靴中の水分をとばすこと、乾燥させることが大切です。

乾燥させるためのポイントは、同じ靴毎日履き続けないことです。
履き続けると、乾ききらなかった水分が菌を繁殖してしまいます。

●ブーツを履く前の予防に

さらにニオイ対策をするには・・・
ブーツを履く前には、消臭・除菌スプレーを使用することをおすすめします。

M.MOWBRAY シューフレッシュAg+
嫌なニオイをごまかすのではなく、中和させて不快なニオイを取り除きます。 また、植物由来成分の為、きわめて安全性が高く、ナチュラルテイストな除菌・消臭スプレーです。

よく振ってから靴の中にスプレーをし、しばらく乾かしてから靴を履きましょう。
この1ステップをするのとしないのとでは全く違ってきます!
履いた後にもスプレーをするとより効果的です。

この冬、対策をしっかりとうって、ニオイを気にせずにブーツを履きませんか?

●M.Mowbray シューフレッシュAg+  ¥1,320(税込)




2021-01-26 | Posted in COLUMNComments Closed