COLUMN

レザークリームって何の成分が入っているの!?実は化粧品にも使われているんです。

日々のスキンケア同様に、元々は動物の肌であった革にはお手入れが大切という話は、度々していますが、
でも、その革に使用している成分って何が入っているの!?
と思った事はありませんか?

大切な革製品のメンテナンス、成分が気になりますよね。
という事で、その成分の一部をご紹介します。

当社のロングセラー、保湿といったらこれ!の
M.モゥブレィ「デリケートクリーム」

このクリームは、水分が多く、
スキンケアで言うと化粧水に近いのではないでしょうか。
革に潤いを与えてくれます。

そしてその水分の他には、ツヤ出し効果のある『ロウ』なども含まれていますが、それともう一つ。

『ラノリン』です。

 

 

『ラノリン』とは、羊の皮脂腺から分泌される油で、
毛を刈る時に副産物的に生まれるものです。

革のお手入れには、水分も油分も必要ですから、
その必要である油分をまかなってくれるのです。

そして『ラノリン』には革の柔軟性を高めてくれる効果もあるので、履き始めでまだ革が硬い靴への使用もおすすめです。

 

 

そんな『ラノリン』、実は化粧品に使われることも多くあります。
私が使用しているハンドクリームにもラノリンが入っていて、しっとりと保湿をしてくれます!

ふだん気にしたことのない、レザークリームの成分も、
知ると安心して使用できるものです。
また機会があれば、ご紹介したいと思います。

2018-02-07 | Posted in COLUMNComments Closed